1. トップページ
  2. 悪徳競馬予想サイトとは
  3. 悪徳競馬予想の例

悪徳競馬予想の例

悪徳競馬予想サイトに既に騙された方はいませんか?実際に悪徳競馬予想サイトに騙されてしまうと高額なお金を払ってしまった人も多くいるようです。ここでは悪徳競馬予想サイトの事例をいくつかご紹介しますので、覚えておくと騙される確立は低くなるでしょう。

悪徳競馬予想サイトの被害例、事件簿

完全無料制という罠で集客し会員を集める事例
完全無料攻略法を教えるというサイトに会員登録し無料攻略法では勝てずに困っていると、登録しているサイトの関係者から電話勧誘があり、「出来レースを企画しているので参加ませんか」、「絶対に、間違いなく勝てます」と説明を受けたため、数十万円を支払い情報を購入したKさん。しかしその数十万円の情報でも当たらず業者に抗議すると、担当者より「こちらで把握していた情報が一部間違っていた」、「弊社で仕組んだレースがあるのでこれで負けることはありえません」等と説明を受けたため、再度数十万円を支払い情報を購入。
やはり情報は当たらず、業者に問い合わせると、「不手際がありうまくいかなかった」、「申し訳ないので特別会員用の攻略法を提供する」、「必ず勝てる情報なので今までの分もすぐに取り戻せる」と説明を受けたため、数十万円を支払い攻略法を購入。業者の指示通りに馬券を購入しても当たらなく永遠とこの罠で課金し続けてしまったようです。
メールマガジンから被害にあった事例
競馬予想サイトではなく「出会い系サイト」に登録した後のメルマガに記載されていた業者の広告をクリックし、ホームページを見て無料情報を取得。
無料情報は当たらず、その後業者から電話があり、「補てんレースを行う、「出来レースなので大丈夫」等と説明を受け、その額で大丈夫ならばと契約。 しかし翌日業者から電話があり、「オッズがあがったので、さらに追加で○○万支払ってください」と言われ、渋々払う。
再度業者より連絡があり、「情報元が提供するか否かでごねている」、「政治家の先生が絡んだため、さらにオッズが上がった」等とさらなる追加金の要求をされ、支払わないでいると頻繁に催促が来る。
競馬関係者(JRA)を装った事例
突然JRAと深い繋がりがあるという人物から電話勧誘があり、とてつもない万馬券情報があると誘われ競馬予想サイトに会員登録費として2万円を支払う。
その後、重要な万馬券情報を得るには情報料としてもう少し料金が掛かると説明を受けて50万の情報料を請求される。50万はさすがに大金なので断ると、「外れたら全額保証」といわれたので、50万を即日入金。
そして該当のレースが行われる日に「内部のごたごたでレースが延期になった」と言われレースが延期。その後、またレースが開催されると連絡があったが配当が上がるとのことであと50万を要求される。この繰り返しで騙されたと思い、業者の住所へ行くと会社は存在していない。
新聞広告に記載されていた格安情報による事例
新聞に記載されていた「200円で○レース」という広告に興味を持ち、業者に電話。 「弊社は十数年前からやっており、膨大なデータを元に情報を出しているので間違いない」等と説明を受け、200円を振り込み、情報を入手。
情報は効果がなく、困っていると業者から封書が届き、中には謝罪文と他業者の情報について記載された紙及び他業者と連絡を取るための推薦状が同封されており、記載されていた電話番号に問い合わせると、担当者より、「私どもは「調教師」「馬主」「元騎手」から情報を集め、裕福層のみに特別な情報を提供しております。」、「今回は○○(業者名)から特別に推薦を受けているので、○○円で情報を提供します。」等と説明を受けて契約。 しかし情報通りの結果は出ず、担当者に連絡をしても別の情報を勧められる。


PAGE TOP